情報の発信

漁港漁場漁村研報

一般財団法人 漁港漁場漁村総合研究所では年に2回、研報を発行しています。漁港漁場漁村研報 No.25からは内容を充実し、冊子形式になりました。 ご覧になりたい方は、下記よりPDFをダウンロードしてご覧下さい。

※所属及び役職は、当時のものです

漁港漁場漁村研報 No.36

巻頭言
水産公共の当面の課題について
水産庁 漁港漁場整備部長/髙吉 晋吾
日韓漁港漁場漁村技術交流会議に思う
理事長/影山 智将
特別寄稿
三陸サケ産業の復興からみた水産業クラスター形成の課題
北海道日本海における藻場の回復について
漁村に生活してわかった漁港の「いのち」
Topics
第1調査研究部
光漁港海岸保全事業におけるモニタリング(着色砂)調査
第2調査研究部
人工マウンド礁におけるイサキの行動解析
総務部
第5・6回理事会、第3回評議員会の開催
平成26年度研究助成事業の決定
Interview Talk
未利用魚に多様な価値づけをする -駿河湾の深海ザメ活用法-
◇News
第17回日韓漁港漁場技術交流会議
第33回 PIANC WORLD CONGRESS 出張報告
上海海洋大学視察団
『平成26年度 都市漁村交流推進協議会のトーク&トーク まちに元気を!』開催報告
漁場施設研究会第10回研究例会を開催しました
大槌町水産加工品フェア直売会 ~JA花巻「母ちゃんハウスだぁすこ」で開催
平成25年度日南市つき磯講演会
◇オススメのこの1冊
里山資本主義
変わりゆく日本漁業
漁港漁場漁村研報 No.36